スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難読語

「あ」「い」「う」「え」「お」
「か」「き」「く」「け」「こ」「が」「ぎ」「ぐ」「げ」「ご」
「さ」「し」「す」「せ」「そ」「ざ」「じ」「ず」「ぜ」「ぞ」
「た」「ち」「つ」「て」「と」「だ」「ぢ」「づ」「で」「ど」
「な」「に」「ぬ」「ね」「の」
「は」「ひ」「ふ」「へ」「ほ」「ば」「び」「ぶ」「べ」「ぼ」
「ま」「み」「む」「め」「も」
「や」「ゆ」「よ」
「わ」「を」「ん」

スポンサーサイト

【常用漢字見直し】「淫」「彙」どう教えたら…

【常用漢字見直し】

 「淫乱(いんらん)」「語彙(ごい)」「捻挫(ねんざ)」…。7日答申された常用漢字の見直しで、文化審議会は「すべての漢字を手書きできる必要はない」と明言し、画数の多い漢字や難字も加えた。ただ、「読んで書ける」よう指導する教育現場からは「どう教えたらいいのか」と困惑の声も上がる。追加が見送られた漢字を要望していた団体や自治体は落胆。教科書や辞典を扱う会社では対応に追われている。

 《学校現場》

 従来、教育現場では主な常用漢字を読み書きできるよう求める指導要領に沿って指導してきた。

 今回、「読んで変換できる」漢字が追加されたことで、高校現場からは大学入試への影響を懸念する声が上がっている。

 東京都立野津田高校の佐藤和彦副校長(47)は「難関大の入試などで『鬱』『彙』などが出題されるかもしれない。読めても書くのは大変で、受験生に新たな負担がかかる。大学には良識ある出題を期待したい」と話す。 

 一方、横浜市立西中学校の阿部康彦教諭(45)は、「今まで難しいと思って平仮名で書いていた漢字も書き写す機会を増やしていきたい」と意気込む。

 ただ、「淫」や「艶」などの漢字も追加されており、「発達段階や学年に応じて指導するしかないが、どんな例文を出したらいいのか」と頭を悩ませる。

 《要望団体》

 「障害」ではなく「障碍(がい)」と書けるように、障害者団体などが追加を求めていた「碍」や、東京都三鷹市が要望した「鷹」は、「現在は使用頻度が低い」「使われる熟語が少ない」との理由で見送られた。

 当初の案には盛り込まれた「鷹」を復活させようと4回も要望書を提出した清原慶子・三鷹市長は7日、「『鷹』の字を復活しないと判断されたことは誠に残念」とするコメントを発表。「常用漢字表に含まれなくても、私たちは、今後も『鷹』の字を誇りを持って使っていく」とした。

 《教科書会社》

 常用漢字が改定されれば教科書や辞典の手直しも必要になる。

 中学国語の教科書を手がける教科書会社、東京書籍は「教科書検定の申請は終えており、現時点では直す余裕がない。文部科学省の指示次第では、増えた分の常用漢字を補充資料として配布するかもしれず、新たな費用や手間の負担が出てくる」と話す。

 三省堂は小学生用の辞典を改訂する予定。辞書出版部は「今回、追加・削除された常用漢字をできるだけ取り込みたいので、全ページ見直すことになるだろう」と話している。
6月7日21時26分配信 産経新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100607-00000600-san-soci



突き詰めると難しい問題がでてくるんですね☆

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

リンク

QRコード

QRコード

検索フォーム

プロフィール

漢字かな

Author:漢字かな
図書館で「漢字検定」の本を見てみましたが、合格水準に達していそうなのは、中学卒業レベルの3級あたりでした。
別に「漢字検定」を狙っているワケではありませんが、ブラッシュアップに励んでいきたいと思っています。

RSSリンクの表示

Copyright © 漢字かな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。